伊那市 葬儀 有限会社フジサワ造花

年中無休/24時間営業 0120-05-3517

フジサワブログ

フジサワブログ

フジサワ造花からのお知らせです。

唐木の日常系ブログ再開いたします。
>唐木部長の私生活 唐木の日常系ブログ再開いたします。

「猫はためらわずにノンという」

 

自社ホームページへのブログ投稿も最後の投稿を見ると、なんと平成・・・。

今回から心を入れ替えて投稿アップしていこうと思います。

 

さて、今年も、3月9日(月)に伊那市社会福祉協議会にて 

楽しく学ぶ より良い「いき方」フォーラムがあり、そこに私も微力ながら参加させて頂きます。ご都合よろしければ、参加費や申し込み不要ですからぜひ遊びにお越しください。

「いき方」という言葉がでましたが、去年、私は「猫はためらわずにノンという」という書籍(※写真)を読みました。これは偶然、本屋さんに立ち寄った時目にしてタイトル買いしたものです。猫から学ぶ生き方の美学みたいなおもしろい内容になっています。

 

 

実はこんな私も家には猫が1匹(メス推定14歳)共に暮らしております。

名前は「ハル」(※写真)。ある温かい春の日に、我が家の軒先に突如現れて、ピョンっと家の中に入ってきてそれ以来、ずーっと暮らしております。家族構成的には私より上位におられる、女王様でもあります。

猫を飼っていらっしゃる方はわかると思いますがこの書籍にもある通り、猫を観察するといろいろな発見があります。

猫は他人の目を気にせず、とりつくろいもせず、ありのままの自分が大好きで、ありのままを受入れ、そこに居るだけで無視できない存在。

飾らず、心の中で悩まず、自分に正直でとてもシンプルに自然体で生きているのです。

「いき方」という面で考えれば、羨ましいですよね。人間は何かしらの事情があったり、自分の心のブレーキがかかったり、表面意識がはたらく生き物ですから、

心のコントロールみたいなものが必要になります。自分にとっていい「いき方」ってなんだろう?、心地よいってなんだろう?・・・とハルの寝顔を見て想う私は、暗いオッサンでしょうか?・・・・・。

ともあれ、3月9日(月)午後1時30分から、

伊那市福祉まちづくりセンターふれあい~なへお越し頂き、この機会に

「いき方」について考えたり、自分と向き合うことのキッカケを見つけに来てみませんか?お待ちしております。

 

 

ホームページリニューアルしました。
>社長の出来事ブログ ホームページリニューアルしました。

この度、ホームページをリニューアルしました。

沢山の方の目に留まって頂けると幸いです。

 

前回の投稿が2年半前でしたので、随分久しぶりのブログ更新…

職務怠慢であったと反省しております。

今後は、定期的に更新していくはず…ですので、よろしくお願いいたします。

 

久しぶりの投稿なので、私の好きなものについて少しお話したいと思います。

私の好きなものの一つに「珈琲」があります。

最近は豆から挽ひいて珈琲を淹れ、味と香りを楽しんでおります。

90℃くらいに冷ましたお湯を豆を挽いた粉に少し注ぎ、1分程蒸らして更にお湯を注いでいくのですが…

淹れる度、毎回違う味と香りになってしまい、自分の気に入った味も香りも出来たためしがありません…

珈琲豆は、いつも同じ店で同じ豆を買ってくるので、複雑な気分です。

何度やっても思い通りにならないなんて笑えますね。

会社経営も同じで、「思い通り」なんて私は一度もありません!

でも珈琲と同じように楽しんでいければと思っております。

こんな社長でいいのか!とは思いますが…

 

皆様、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

有限会社フジサワ造花

代表取締役社長 前澤 朋欣

平成最後の伊那まつりへ。
>唐木部長の私生活 平成最後の伊那まつりへ。

さぼっていた、コラムを再開しようと思っているだけで、なかなか手がつかずいましたが、ズク出して参ります・・・。平成最後の伊那まつりに参加してきました。平成30年8月4日、今年は「ルネッサンス西町の会」のメンバーとして伊那バスターミナル南の「酒蔵横丁」へ。写真はスタート前の笑顔の漆戸醸造さんと準備中のテント内。今回の担当は、かき氷販売。これがなかなか奥の深い作業でして、ブキッチョな私にはなかなかの苦行です。まず、削られて落ちてくる氷を美しくカップに入れるのがムズカシイ。そしてそこにシロップなどを美味しそうにかけるのがまたムズカシイときました。暑さも手伝い、お祭りを見に来られた方、カップル、300円(かき氷代)を握りしめてくる子供達などお客様も次々に訪れてくれます。氷の上からかけるシロップがこぼれるのを、「特別に大盛りですからっ!」と笑顔で言い切ってごまかしながら・・・、販売してる机をシロップでビショビショにしながら・・・、そして隣で指導してくださるマスダカメラさんに怒られながら奮闘してきたつもりです。来てくれた子供さん達が、あの伊那まつりの時に、「シロップベトベトのかき氷食べたよねー」なんて思い出に残してくれたら嬉しいなぁと、自分勝手な妄想を抱いて、そして自分を慰めながらがんばっておりました。来年の今頃は元号も変わっていて、なんか時代が変わってしまうような感じもしますが、子供達の笑顔とお祭りの楽しい思い出はいつも変わらずあってほしいものです。変わるべきは、・・私の撮る下手な写真。

2018年伊那谷新酒祭り
>唐木部長の私生活 2018年伊那谷新酒祭り

2018年 伊那谷新酒祭りが4月14日に西町の春日公園にて開催され、ルネッサンス西町の会として参加してきました。ご承知の通り、今年の桜の満開のピークは終わり、緑がチラホラですが地元の方も県外からの方もたくさんお越しになり、大盛況でした。今年は餃子女子の玉城ちはるさん、小出太鼓さん、ゴンベーさん、ダンスの皆さん、フランク石田さん、餃子会ブースなどなどなど・・最初から最後まで盛り上がりっぱなしの新酒祭りでした。これは、来なきゃ損!今年来られなかった方、来年は必ず来るべしですよ。お待ちしておりまーす。

伊那市社協「まちの縁側見本市」参加してきました
>唐木部長の私生活 伊那市社協「まちの縁側見本市」参加してきました

3月22日(木)。伊那市社会福祉協議会、ふれあい~なにて「まちの縁側見本市」が開催されました。伊那市内にも30カ所以上の縁側が誕生しています。今回は弊社提携のぜんしきょう様の「助っ人ぜんさん 伊那あらい」様も参加されています。私も個人的にこの縁側活動は応援していきたいと思っています。縁側は便利さや効率が優先される世の中で、消えていってしまった景色。今となってはかえって海外の方が、こういう居場所って存在しているかのように最近は感じます。笑顔があって、ちょっとだけ時間がゆっくりすすんでいるような、空気感。そんな場所って、心で望んでいる方は潜在的に身近にいらっしゃいます。1人でも立ち寄れる場所でもあり、そこに立ち寄ればその1日が楽しかったと思える。この1日1日の積み重ねが、楽しい人生につながるはずです。本能的に人は人と繋がっていたいものです。このごく自然な営みを行える場所って、こんな時代だからこそ絶対必要と思います。そして、この縁側の点と点が繋がり地域全体がもっと温かいまちになっていく循環が生まれるはずです。

参加しただけの私でしたが、今日このご縁に感謝感謝です。

伊那飲食店組合新春大会でした。
>唐木部長の私生活 伊那飲食店組合新春大会でした。

3月7日、信州伊那セミナーハウスにて伊那飲食店組合の新春大会に出席して参りました。現在組合員は280店舗あまりで近隣と比べても非常に大きい組合です。食の安心安全を守ることはもちろん、観光面にも影響力をもつ団体です。また、同じ飲食業の仲間の繋がりができ、とてもすばらしいものです。私もなんやかんや言いながら10年以上の関わりを持たせて頂いており、伊那がもっと好きになった理由のひとつです。当日は写真の来賓の皆さまも駆けつけ、楽しく有意義な時間を過ごさせて頂きました。まだまだ、組合未加入店も多いのですが、ぜひこの組合の良さを味わって頂きたいものです。この良さって、繋がらないとわからないんです。繋がりから生まれるモノは、お金じゃ買えません。自分の人生を振り返ったときも、大きな存在感を伊那飲食店組合はもっているはずです。

上伊那福祉協会 みんなの工夫コンテスト
>唐木部長の私生活 上伊那福祉協会 みんなの工夫コンテスト

2月25日(日)。上伊那福祉協会様の開催する「みんなの工夫コンテスト」にお邪魔してきました。結構このイベント楽しみに参加してるんです私。日々、介護の現場は工夫し考え進化しています。写真は現場で活躍する「ペッパー」です。他にも小さなおしゃべりロボの「パルロ」やサイバーダイン社の作業支援ロボットスーツ「ハル」などのレポートもありとても興味深いものでした。私もぽーっとしていると、終活セミナー講師なんてペッパー君に持っていかれそうなくらい科学は進化し続けています。(冷や汗・・)現在、平均寿命と健康寿命の差は9年~12年程と言われます。この身体を病む時間の過ごし方は、後の葬儀へも少なからず反映してくるものだと思います。自分は今まではどんな生き方をしてきたのか、これからはどうありたいのか、などなどQOLってQOD、終活と近いものと最近よく感じます。長く生きていくのには家族とのコミュニケーションがキモとなってくるわけで、オリンピック見て、私は「妻との会話はいつも9秒台のオリンピックレコードです」なんて、笑いながら言ってる場合じゃございませんですよ。    

 

介護施設スタッフのみなさんと「マンダラエンディングノート」
>唐木部長の私生活 介護施設スタッフのみなさんと「マンダラエンディングノート」

2月20日の夜、介護施設スタッフのみなさまとマンダラエンディングノートワークショップ行って参りました。業務終わりのお疲れのところ、大幅に予定時間をオーバーしても積極的に取り組んで頂きました。今回のテーマは「病気・介護状態になったら」と「葬儀」の2テーマです。普段はケア・サポートする側のスタッフのみなさんに自分事として体験して頂きどんなふうに感じて頂けたでしょうか。何か、新しい気付きをお持ち帰り頂けたでしょうか。1人では書けないエンディングノートが答えが自然と湧いてきて必ず書ける不思議なノートで普段考えることのないゾーンを考えて頂き、ワイワイ楽しく終活体験されました。みんなでやると終活だって楽しいんです。大幅時間オーバーで申し訳ございませ~ん。

「わたしたちのまち やさしいな」
>唐木部長の私生活 「わたしたちのまち やさしいな」

1月28日(日)に伊那市寄付マルシェプロジェクトのシンボルマークとキャッチコピーのコンテスト表彰式に参画事業者として行って参りました。公募によりシンボルマークは57点、キャッチコピーは30点が寄せられ、社協、参画事業者、選考委員とで、あーでもない、こーでもないと結構話し合い選ばれた優秀作品です。シンボルマークは写真にあるもので、5歳の女の子の作品。キャッチコピーは「わたしたちのまち やさしいな」で10歳の小学4年生の男の子の作品です。選ばれなかったその他の作品もエネルギッシュだったり、温かいものであったり、すごい完成度の高いモノばかりです。煩悩が溢れ出ている私には、こんな真っ直ぐで温かい作品など生み出せるはずもありません。表彰式当日は、表彰者の子供さんたちの、その親御さん、兄弟、おじいちゃん、おばあちゃんが晴れの家族の舞台を見に来られておりました。ご家族やメディアのカメラに照れくさそうに、嬉しそうに、ちゃんとポーズ取って、インタビューをこなしています。そんな風景を見ていると汚れた煩悩オヤジの私のココロもすがすがしく、幸せ感じる一瞬でありました。伊那市寄付マルシェの活動が、こんな笑顔ややさしいキモチを運べるよう、私精進する次第でございます。

 

町総代という役割
>唐木部長の私生活 町総代という役割

 2017年は私が住んでいる町の町総代という役目を仰せつかり何かとせっせと活動もしていたのですが、自分が動いてるばかりで写真というものをまったく残せず時が過ぎてしまいました。自分史的にみても結構ボリュームのあった一年だったのに・・・・残念です。ともあれ昨日、1月8日は町総代とし2回目のどんど焼きを経験して参りました。2回目というのは、私の住む町と区は今年から年度変更のため3月まで役員任期が延び、15ヶ月町総代を務める事となり、結果2回目のどんど焼きです。今回のどんど焼きは、例年なら自分の町内だけで行っていたんですが、私の町には小学生の子供会員が2名だけ。町自体も小さいので、「どんど焼き」というより、「焚火」という感じで、大所帯の町のどんど焼きを羨ましく横目に見ながらお餅を焼いているどんど焼きでした。子供達の退屈そうな顔をみているたら、なんとかせねばと思い今年は近隣の小さな町内会の総代さんと子供会校外指導員の方とを無理やり巻き込んで、5つの町内の子供会と合同でどんど焼きを企画しました。結果的に、「焚火」から「どんど焼き」に見た目なったと確信できる大きさになり、その周りで子供達が楽しそうに友達兄弟、保護者とお餅やマシュマロ焼いてる姿をみて、勝手に自己満足度あげておりました。(子供達や保護者の方々はどう感じたかはわかりませんが・・・)小さな事ですが地域の文化を残すには、母体が変化を恐れず動く必要があることも今回実感した気がします。子供達の笑顔を見ているとまさに、『思い出はプライスレス!』。文化の継承という意味でも、楽しかった記憶の中にどんど焼きがランクインすることを願うばかりです。

 

お久しぶりでございます。
>社長の出来事ブログ

お久しぶりでございます。

思えば、前回の投稿より2年以上経ってしまいました…

仕事にかこつけてコラムへの投稿から逃げておりました、反省しておりますm(__)m

これから少しずつ季節の移ろいや出来事を書き込んでいこうと思います。

宜しくお願い申し上げます。

毎日暑いが続いておりますが、皆様お体ご自愛下さい。

伊那市寄付マルシェ始動。
>スタッフのつぶやき 伊那市寄付マルシェ始動。

過日、平成29年2月4日(土)に、伊那市西箕輪の「みはらしの湯」1階にて、「伊那市寄付マルシェ」見本市が開催されました。参加事業者が各社の寄付付き商品の展示、販売と講演会が行われ、新しい地域貢献のカタチがスタートしました。市民・企業・地域が繋がり、まちを良くする仕組みが広がることを期待します。尚、次回の第2回伊那市寄付マルシェ見本市は4月20日(木)に弊社のフジサワホールにて予定されております。お楽しみに!

平成28年 伊那谷新酒祭り 大盛況でした
>唐木部長の私生活 平成28年 伊那谷新酒祭り 大盛況でした

今年も、伊那市西町の春日城跡公園にて「伊那谷新酒祭り」が盛大に青空の下、満開の桜の中行われました。外国人の方、遠くは福島から来られた方、諏訪にお住まいなのに御柱祭そっちのけに駆けつける常連の方、家族、カップルとみんな楽しんでました。

西町区美術展へおじゃま致しました。
>唐木部長の私生活 西町区美術展へおじゃま致しました。

5月15日~17日まで行われた地元西町の『第10回西町区美術展』へおじゃま致しましたが、作品のレベルの高さにビックリです。趣味の領域とはいえど完成度はすばらしい作品ばかりでした。書道・日本画・山野草・盆栽・写真・ちぎり絵・絵手紙・工芸、木彫、陶芸・ステンドグラス・手芸・パッチワーク・刺繍などなどジャンルも多岐にわたります。日常生活の中で作品制作に没頭する時間がとても新鮮なのだというお話もお聞きしました。私なんかよりずーっと地域の皆さんのほうがクリエイティブな生活を送っていらっしゃる事実に、自分の器の小ささを実感してまいりました。

さわやかウォーキングin西町 参加致しました
>唐木部長の私生活 さわやかウォーキングin西町 参加致しました

去る5月10日(日)に西町地区行事のひとつである、『さわやかウォーキングin西町』に参加致しました。はじめての参加でしたが、お天気にも恵まれタイトル通りさわやかに歩くことができました。120名弱の参加者で和気あいあいとしながら、全行程8.8㎞をのんびりと初夏の景色を眺めつつ歩く時間はとてもゆったりとして、イイものでした。安協の皆さんが列全体の安全を見ながら誘導してくださり、地区役員の皆さんが取りまとめ、地域の連携や温かさ満載です。はじめて参加させて頂いた私にも気兼ねなく話しかけてくださったり、とても楽しい時間を過ごしました。この畑は戦時中にマツヤニを取るために伐採されたとか、何気なく車で通り過ぎる風景に新しい発見をたくさん聞かせていただき大満喫です。また、来年もぜひ参加させて頂けるようがんばろーと思います。

 

「伊那谷新酒祭り」
>唐木部長の私生活 「伊那谷新酒祭り」

雨天により予定が順延され、去る4月12日(日)に伊那市西町の春日城址公園にて

恒例の「伊那谷新酒祭り」が開催されました。この日、この時間だけが奇跡の天候に恵まれ、

市内、県内外からたくさんのお客様が来られました。私も参加したルネッサンス西町の会を

中心に地元8社の酒蔵の皆さんや飲食店のみなさんと共に春日城址公園は1日中たいへん

盛り上がりました。また、パフォーマーのゴンベーワールドさん、伊那の誇る小出太鼓さん、

ジャズバンドの代田幸一郎カルテットさん、歌手の中山たかしさんなどイベントも大盛り上がりで

お客様はこれぞ、ザお花見!を満喫されかと思います。私は新酒を味わって頂くチケットの販売

の窓口をお手伝いしたのですが、先頭に並ばれたご夫婦は昨日は大阪の造幣局の桜並木を観に

行ったけれども外国人観光客ばかりで、なんか居場所なくあまり楽しめなかったので

今日は信州高遠城址公園に来たのだけれど道が渋滞している情報があったので時間の都合上急遽、

春日城址公園に予定を変更して来られたとのことでした。しかし、「来て良かった。

今時の歩いて眺めるだけのお花見じゃなく、本来のお花見がここは楽しめるわね~お酒も

おいしいし、また来年も来るわーー。」なんてたいへん感激しておしゃっていました。

今後、中央高速道路の小黒川PAにスマートICが出来る事を考えればもっとたくさんの方に

春日城址公園の良さを知って頂けるチャンスがまだまだあります。ルネッサンス西町の会の

みなさんと共に何かできればイイなと思います。

これからも伊那谷のイイトコロ発信して参ります。

美しきわが郷土、自慢の春日城址公園です。
>唐木部長の私生活 美しきわが郷土、自慢の春日城址公園です。

伊那市西町の春日城址公園のボンボリ吊り作業へ行ってまいりました。普段は地元市民の憩いの公園ですが、近年、「伊那の夜桜」と呼ばれる春日城址公園もお花見のシーズンには観光バスも多く訪れるようになりにぎやかになります。

4月11日には「伊那谷新酒祭り」も予定されており、当日は午後1時から午後6時まで私も参加してルネッサンス西町の会の皆さん、蔵元の皆さんと共にがんばりたいと思いますので、ぜひ桜の下で蔵元自慢の新酒を味わってください。お待ちしております。

御嶽山噴火災害対応に係る知事表彰に行ってきました。
>社長の出来事ブログ 御嶽山噴火災害対応に係る知事表彰に行ってきました。

平成27年1月21日

御嶽山噴火災害対応に係る 知事表彰 に行ってまいりました。

表彰式は長野市のホテル国際21「藤の間」で行われ、

表彰状は「登山者の安全確保」個人で10名様

「人命救助活動」で自衛隊・警察・消防の皆様

我々葬儀社は「ご遺体の搬送」ということで

感謝状を頂きました。

金屏風を背にした阿部知事より、「ありがとうございました」

の言葉と共に感謝状を頂きましたがまだ救助されていない方と、そのご遺族の方のことを考えますと複雑な思いです。

阿部知事も「知事式辞」で「御嶽山の雪が解けたら救助を再開したい」と仰っておりました、

私共も、一日も早い全員救助を心よりご祈念いたします。

遅くなりましたが・・・
>社長の出来事ブログ

遅くなりましたが・・・

初めまして、弊社 社長の前澤と申します。

ホームページを開設して早数か月・・・

ナカナカ コラムを書かないと会長からお叱りを受けること実に〇〇回

ようやく重い腰を上げた状況です。

別に書きたくなかった訳ではありませんよ・・・多分。

これから、日々起きる出来事をソコハカトナク綴っていきたいと思います。

よろしくお付き合い頂ければ幸いです。

フジサワコラム作りました
>スタッフのつぶやき

ホームページをリニューアルして新たにフジサワ造花の日常を綴るフジサワコラムを作成しました。
スタッフが定期的に更新していきたいと思いますので
ぜひご覧ください!

伊那市 葬儀・法要に関してはフジサワ造花へご相談ください